学会のご案内>会則

会則

(名称)
第1条  本学会の名称は、「泉北ニュータウン学会」と称する。

(事務所)
第2条  本学会の事務局は「特定非営利活動法人すまいるセンター」内に置く。

(目的)
第3条  本学会は、泉北ニュータウン及び近隣地域に関する様々な課題について、民学産官が
      協力して調査・研究を行い、その成果結果の発表と相互交流を図ることを通して、市民
      生活の向上と地域の発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条  前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
   (1) 泉北ニュータウン及び近隣地域に関する研究調査活動
   (2) 会員間の情報交流・研究協力の支援
   (3) 年次大会・研究会・講演会・シンポジウム等の開催
   (4) 機関誌その他の発行
   (5) 各種情報の収集提供
   (6) その他目的を達成するために必要な事業

(会員)
第5条  この学会の会員構成は、次の通りとする。
   (1) 正会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の会費を納付する個人とする。
   (2) 家族会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の会費を納付する正会員の家族とする。
   (3) 学生会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の会費を納付する学生とする
   (4) 賛助会員は、本会の目的事業を賛助し、賛助会費を納付する法人等とする。
   (5) 本会に入会するには、正会員2名以上の推薦を必要とする。

(会費)
第6条  この学会の正会員、学生会員及び賛助会員の年会費は次の通りとする。
   (1) 正 会 員 :     ¥ 3,000 / 年間 
   (2) 家族会員 :     ¥ 1,000 / 年間   
   (3) 学生会員 :    ¥ 1,000 / 年間  
   (4) 賛助会員 : 1口¥10,000 / 年間  
   2  年会費は年度を単位として納付するものとし、年度途中の入会、退会の際にも月割り
      などの減額は行わないものとする。

(役員)
第7条  この学会には、つぎの役員をおく。
   (1) 会長       1名
   (2) 会長代理    1名
   (3) 副会長      2名
   (4) 事務局長    1名
   (5) 理事      10名以上15名以内
   (6) 監事       2名

(役員の選任)
第8条  この学会の役員は、総会において選任する。
   2  理事は、会員からの互選とする。
   3  理事及び監事は、相互に兼ねてはならない。
   4  会長、会長代理、副会長及び事務局長は、理事からの互選とする。

(役員の任期)
第9条  役員の任期は2年とし、再選を妨げない。
   2  前項の規定にかかわらず、任期途中で退任又は退会した役員の後任者の任期は、前任
      者の残任期間とする。

(役員の任務)
第10条  役員の任務は、次の通りとする。
   (1) 会長   学会を代表し、会務を総括する。
   (2) 会長代理  会長を補佐し、会長に事故ある場合は、会長の職務を代行する
   (3) 副会長  会長、会長代理を補佐し、会長、会長代理に事故ある場合は、あらかじめ会長
       が指定した順番に従って、会長、会長代理の職務を代行する。
   (4) 事務局長 学会組織の事務運営を総括する。
   (5) 理事 理事会を組織して、重要事項を審議する。
   (6) 監事 会計及び会務の執行状況を監査し、その監査結果を総会に報告する。

(評議員)
第11条  この学会には、評議員をおくことができる。
   2  評議員は役員が推薦し、理事会において選任する。
   3  評議員は理事定数に含まない。
   4  評議員は本会の行うあらゆる会議に出席することが出来、発言も出来るが、表決権
      を持たない。


(相談役)
第12条  この学会には、相談役をおくことができる。
   2  相談役は役員が推薦し、理事会において選任する。
   3  相談役は理事定数に含まない。

(名誉会員)
第13条  この学会には、名誉会員をおくことができる。
   2  名誉会員は役員が推薦し、理事会において選任する。
   3  名誉会員は原則として会費を徴収しない。

(顧問)
第14条  この学会には、顧問をおくことができる。
   2  顧問は会長が推薦し、理事会において選任する。

(総会の構成)
第15条  総会は正会員で構成する。

(総会の種類)
第16条  総会には通常総会と臨時総会の2種とする。

(総会の招集)
第17条  通常総会は年1回会長が招集する。
   2  臨時総会は以下の場合に、会長が招集する。
   (1) 会長が必要と認めたとき。
   (2) 理事会から請求があったとき。
   (3) 監事から請求があったとき。
   (4) 正会員の3分の1以上の者から請求があったとき。

(総会の議決事項)
第18条  総会は、以下の事項について議決する。
   (1) 会則の変更
   (2) 事業報告及び収支決算に関する事項
   (3) 事業計画及び収支予算に関する事項
   (4) その他理事会が必要と認めた事項

(総会の議長)
第19条  総会の議長は、その総会において出席正会員の中から選任する。

(総会の議決)
第20条  総会は、正会員数の3分の1以上の出席により成立する。
   2  総会の議決は、出席者の過半数の同意により決定する。

(理事会の構成)
第21条  理事会は役員で構成する。

(理事会の招集)
第22条  理事会は、必要に応じて会長が招集する。
   2  上項に関わらず、監事又は理事の1/3以上から請求があったとき、又は、正会員の
      3分の1以上の者から請求があり、会長が必要と認めたときは理事会を招集する。

(理事会の議決事項)
第23条  理事会では、学会の運営に関する重要事項を審議する。

(理事会の議長)
第24条  理事会の議長は、その理事会において出席役員の中から選任する。

(理事会の議決)
第25条  理事会は、会長並びに理事総数の2分の1以上の出席により成立する。
   2  監事は理事会に対し発言できるが、議決権を持たない。
   3  理事会の議決は、出席者の過半数の同意により決定する。

(研究部会)
第26条  本学会には第3条の事業遂行のために、分野ごとの異なる内容に対し独自に調査・
       研究等の活動を行う、研究部会を設置することが出来る。

(研究部会の設置)
第27条  研究部会の設置及び廃止は、役員並びに正会員から理事会の提案を受けて理事会で
       審議し議決する。

(研究部会の構成)
第28条  研究部会の会長は理事から選任するものとし、理事会で互選する。
   2  研究部会の事務担当は研究会会長が正会員から推薦し、理事会で承認する。
   3  研究部会の委員は会員とし、理事会で承認するものとする。

(会計)
第29条  この学会の経費は、会費並びに補助金、寄付金、交付金、その他の収入をもってこ
       れに充てる。
   2  この学会の会計年度は、1月1日に始まり、翌年12月31日に終る。

(会則の改正及び解散)
第30条  この会則を改正する場合は、総会の承認を得なければならない。
   2  この学会は、正会員の4分の3以上の同意がなければ、解散することができない。

(細則)
第31条  この会則施行についての細則は、理事会がこれを定める。

(附則)
この会則は、平成18年4月1日より施行する。

▲ページ上部へ